2011年11月30日

生存報告

 体調を崩してから更新しなくなって、そのままブログも書かなくなり、各方面にご心配をおかけしているようで、生存報告です。

 体調は体の痺れは完治。
 ひどい倦怠感と、続いていた微熱が時々出るくらいです。

 執筆の方ですが・・・、執筆リハビリ中にこれだけ色々と起きたからしょうがないのでしょうが・・・、やっぱり書けなくなっていました。
 ただ、前回と違うのは書きたい気持ちがまだあるってことです。

 前回消えた時は、書きたい気持ちすらなくなっていましたから、少し気持ちをそらせばまた書けるようになるのではないかな?って、PCを閉じたまま少し気持ちを離してみました。
 メールをくださった友人、読み手様にはお返事せず、ご心配おかけしてしまったと思います。

 今日か、明日。
 執筆できるか、もう一度チャレンジしてみたいと思っています。

 冬コミで委託をお願いする予定だった同人誌ですが、この調子では印刷屋さんにお願いできるか微妙になってしまいました。
 本が発行できるかどうか、これだけでもブログには報告していきたいと思っています。


 しつこく何度も書いていますが、同じことばかり書くのもさすがにうんざりなので、これで最後にしたいと思います。

 執筆は趣味であり、読み手と報酬のある契約を交わしているわけではないのですから、読み手さんはお客さんではありません。
 私達にすれば勝手に来る訪問者です。
 書き手である私たちは、読み手の要望に応える義務はないんです。

 わかりやすい例に例えると。

 趣味で描いた絵を家を開放し、無料閲覧出来るようにしているようなものです。
 それに対し、見に来た人が絵を見て、私に感想(メッセージ)を言っているのと同じです。
 絵を描いたことがなさそうなのに、こう描いたほうがいい、ああ描いてないとおかしいでしょう?と言われたり、こんな状態が続いて絵を書きたいと思えますか?
 それでも頑張っている中、言ってはいけない地雷(言葉)があれば、簡単に爆発します。

 感想を送る時、少しだけ考えてみてください。
 顔が見えなくても、人として、大人として、最低限の礼儀は必要です。
 何も持ちあげて、いいことばかりを書けと言ってるのではありません。
 ですが、感想だから自分の思ったこと何でも書けばいいというわけではありません。
 見知らぬ者同士なんですから、言っていいことと悪い事もあります。

 私たち(書き手)にはアドバイスなんていりません。
 的確なアドバイスをくれる友人がちゃんといます。

 私は酷評感想OKです。
 そりゃ、最初は少しへこむかもしれません。
 純粋な感想なら、へこむだけです。
 ですが、不満に見せかけた押し付け要望や的を得ないアドバイスは読むだけでしんどいですし、執筆気力を激しくそがれます。

 これだけ書いてもまだ理解できない方がいるようで、何でそんなことで書けないのかとメールをくださる方がいます。 
 これだけ書いても理解出来ないようでしたら、それは仕方ありません。
 今後は、返事しないのはエラーで届かなかった時に困るので、誰が読んでもわかる一言のみのお返事をお返しすることにしました。
 メール内容で私に不愉快な気持ちにさせたのではないかと心配してくださる方もいますが、不愉快な気持ちになったら、きちんと不愉快になったと正直にお返事していますのでご安心ください。
 
posted by 結城 綾&影山 猫美 at 21:46| 報告

2011年11月14日

お知らせと作品の削除について

 体調の方は全身の痺れと高熱により起き上がることすら困難な状況でしたが、診察結果は極度の疲労とストレスによる身体の衰弱でした。
 まだ熱は若干高いですが、全身の痺れは下半身のみとなり、ずいぶん良くなっております。
 ご心配してくださった方、心温まるお言葉ありがとうございました。
 しばらくは体調を見て執筆しながらサイトの改装を中心にしたいと思っております。

 12月冬コミにてオリジナル小説本を委託予定でしたが、体調不良により予定がずれ込んでしまい、現在予定のメドが立っておりません。
 何かしらは出したいとは思っておりますので、興味のある方は引き続きブログの方をチェックしていただければと思います。

 何度となく言っていますが、いただくメールに、読み手の要望を書き手が汲み取って書くべきだとか、現実的ではないので気持ちが引くだとか、こういう話はこう書くべきだとか、そういった内容のものを何通かいただいています。
 私は金銭に基づいて契約をしているわけでもなく、自分の限られた時間の中で自分の楽しみで執筆したものをサイトに置いているんです。
 私の書く小説はただの創作の物語です。
 現実ではありません。
 おとぎ話を読んで、いちいち現実ではありえないとか、こう書くべきだとか作家に言われてるのでしょうか?
 もっと現実と仮想の区別を認識していただきたいと思ってしまいます。
 何度も言ってますが、作品に不満があるのでしたら、どうぞ、他のサイトさんにある素晴らしい作品を読んでください。
 現実にはありえないお話を書くのが好きな私の作品を読むのは時間の無駄です。
 
 このまま行くとまた書けなくなり、またサイト放置してしまいそうです。
 ですが、小説は書きたいです。
 なので書き続けられるように原因となる要因をなくすことにしました。
 

★壬生桜の削除。
 色々考えた結果、完結していないこともあり、削除することにしました。
 なろうの方もすでに削除済みで、携帯サイトも時間が取れ次第削除予定です。
 登録したサーチなどは随時削除していきます。

 私は何十年と年季の入るほど長く新選組が好きなんです。
 そうとう色々勉強してます。(資料本も50冊はありますし、歴史館には飛行機に乗っても足を運んでます)
 でも、それらで得た知識は自分の好奇心を満足させるものであって、他人にひけらかす気はありません。
 歴史ブームで歴女とか言葉が出来て歴史好きな人が増えたのは嬉しいですが、歴史好きとか言って自分の知識を書いてくる方にはほとほと困惑させられてます。
 同じ歴史好きとして自分の好きなことを語る内容なら嬉しいですが、小説の書き方を押し付けるのは違うと思います。
 いくら歴史小説でも事細かにきちんと書いたら恋愛創作(おとぎばなし)にはならないんです。
 ぼかし、置き換えなど色々考えて知らない人でも楽しめるように私なりに考えて書いていました。
 もっと御伽噺を楽しめるようになってください。
 

★想月のアンケート締め切りました。
 協力してくださった方、本当にありがとうございました。
 ですが、お気持ちにお応えすることは出来なくなりました。
 読みたいと思ってアンケートに協力してくださった方には、本当に申し訳ないと思っております。

 アンケート途中経過を見て、サイトと本の両方でもいいんじゃないかって相方と話して執筆を進めていましたが、本日、アンケートチェックして執筆中のデーターを全て削除いたしました。
 小説は書きたいので、また書けなくなってしまわない為にも、想月については誰に何を言われても今後一切書く気はありません。

 せっかくアンケートを送ってくださったのに、このような結果になって残念です。
 ですが、このまま行くと、本当にまた書けなくなってしまいそうです。
 前の時は、大人な対応で流していたものの負担となって書けなくなってしまった為、今回は表に出すことにしましたが、表に出している分、軽減されているものの負担はあります。
 なので、負担と感じたらその作品を削除することにしました。
 まだまだたくさん小説を書く為の措置だとご理解ください。
 
【結果発表】
サイト=45
どちらでも=5
本化=1

 結果は予想の範囲内でしたが、コメントは予想外もありました。
 それぞれの理由コメントは「続きを読む」からどうぞ。
 コメント返しもしております。
 
 「続きを読む」
posted by 結城 綾&影山 猫美 at 14:29| 報告

2011年11月05日

体調について・・・

 やっと起き上がれるほど回復しましたものの、まだ執筆できるような状況ではありません。
 更新については申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。
posted by 結城 綾&影山 猫美 at 22:05| 報告